--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.10.29 09:09

おはようございます♪
嵐の大野智です

今日の一言、カモン!

天が私にあと10年のときを、いや5年の命を与えてくれるのなら
本当の絵描きになってみせるものを

(BGM Imaging Crazy♪)

ほぉ、すごい言葉だね

これは江戸時代後期に「赤富士」や「富嶽三十六景」などの作品を残した
浮世絵師 葛飾北斎さんの言葉です

90歳の晩年まで絵を描き続け、死を目の前にしたときに述べた言葉だと
いうことです

ほぉ~
リスナーのコスモスさんから教えていただきました
メールを読みますと
北斎が70歳までに描いたものはろくなものではないともいっていたことには
驚きます
そんな北斎の「赤富士」を展覧会で見た後に嵐にしやがれで
大ちゃんが杉ちゃん部長になった時の小道具に「赤富士」が掛け軸で
使われていたのを見て、「赤富士」と前髪を垂らした杉ちゃん部長の顔と
この名言が3点セットになって脳裏に焼き付いてしまいました

そんなのあったっけ?フフフッ
もうあれやるのに必死だったからわかんなかった

へぇ~、ホントにね、すごいよね
この世を去るギリギリまで描くっていうかさ
その精神ったらやっぱりね~、なかなかできないと思うよ、うん

まあでも正直ね、ボクが江戸時代にいたら、ほんとずっと描いてたかもしれないね
何、かっこいいこと言っちゃってんだ、勝手にね
ごめんなさいね、ホントに

いや~、そういうの考えるんだよね
だから、昔の人ってさ、まあ伊藤若冲とかもそうでさ
ほんとにさ、あの~、働かず、ずっと家で絵描いてるわけじゃない?
うん、それが強烈に楽しかったんだろうね

うん、あと昔の人はホント写真なんかないじゃん
なのにさ、たとえば動物でもさ、まあ人間でもそうだけど
もう本気でリアルに描けるじゃん

よくパリのさ、油絵とかいっぱいあるけどさ、人物とか船とかさ
ま、船は見て描けるけど、人物とか動きのある絵とかも描くじゃん
すごいリアルに描くってことはもう何だろうね
観察力がすごかったんだなと思うもん
写真とかない時代で、よくあそこまでできるなと思う、うん
だからね、そういうことばっか、いろんなね、絵とか見に行くとそういうことばっか
考えちゃう

うん、そうだね、でもやっぱりね、ぼくはね、何歳くらいまで
描けるかわかんないけど、ま、でもこれはずっとやってくもんなんだなって
いうのはわかる
うん、おじいちゃんになっても絵は続けていくんだろうなっていう
だからおじいちゃんになった時、どんな絵を描くのかね、って気になる、今
ま、そういう日をね、想像しながら今いろんな絵描いていきたいと思います
ワタクシもホントの絵描きになってみようかな

以上、大野智でした

(エンディング GUTS!!♪)

| 智くんラジオ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。