--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.04.03 18:09

おはようございます♪
嵐の大野智です

今日の一言、カモン

逆境にある人は常にもう少しだと言って進むといい
やがて前途に光がさしてくる

(BGM Bittersweet♪)

そうっすね、永遠だと思わないことですね

ええ、これは旧五千円札の肖像にもなった教育者
新渡戸稲造さんの言葉です

日本の侍の生き方や考え方を紹介する「武士道」の著者として
知られる新渡戸稲造さんですが
その「武士道」はご自身の手によって英語で書かれ
欧米各国で広く読まれたということです

ほぉ、なるほど
武士道とはこういうことだと
やっぱりね、侍ですよ

確かにさ、でも海外の方には侍好きな人多いよね
でもわかる気がするな
なんかたぶん究極の究極だよね、なんか
ちゃんとしてるよね
だからさ、あのボクもというか、昔舞台でね、
殺陣とかやってた時もね
16歳のときかな、初めてなんか、
ちゃんと基礎みたいのをたたき込まれたの

いや、まあわかんないんだよ、最初その殺陣とかやってたってさ
剣はもう重いわで、
最初本物と同じ重さのものでやらされてたの
ほんでそれもう腕パンパンだし
しかも腰入れろとかいわれても、
腰ってどうやって入れるんだよって思いながら、ふっ
もうね、腰入れるも何もはいんねぇよ、こんな剣重いんだから
とかさ、もう言えないからさ、ハイとかいいながら
ボクはもうそこまでできなかった

でも一回ね、本物の重さの、きれないけど
形したのを持ってやったときね、全然振れない
しかも沖田総司役だったの
でも沖田総司ってのは別にガタイがいいわけでもなく
細身だった

で、あの重い剣をしかも剣さばきがハンパないっていう
どんな人だったんだろうと思うよね
だから昔の人のその何だろうね、ほんと
生き方、考え方とかたたき込まれ方?鍛え方ね
だからね、想像できないんだよね
だから相当すごかったんだろうと思いましたけどね

だって、ただでさえ、殺陣やってるときしんどいんですよ、あれ
しんどかったんですよ
気持ちも入ればだって怒りも入るわけじゃん
で昔の人は本気のね、命がけの戦いだったわけじゃん
だからすごいんだろうなっていう

想像でしかないから、ちょっと悔しいっちゃ悔しいけど
みたいかって言ったら見たくもないですけどね
でもタイムマシーンがあるなら
のぞきたい、あの本番じゃなく稽古風景でいい
本番、怖いから
フフッ
ね、みなさんもやったことがない方
ぜひね、この武士道学んでみて下さい

以上、大野智でした

| 智くんラジオ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。