--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.02.27 08:03

おはようございます♪
嵐の大野智です

今日の一言、カモン

ものすごいレイトスターター
人より半分遅れている
でも好きなことをやるためだから後悔は全くない

(BGM ユカイツーカイ怪物くん♪)

好きなことは大事だ

これは数多くの外国映画の翻訳をしていることで知られる
戸田奈津子さんが朝日新聞のインタビューを受けたときの言葉です

戸田さんは20代のときに翻訳のアルバイトを始め
そこからおよそ20年たって40代で初めて大作の翻訳を
手がけるようになったということです
ちなみにこの作品はフランシス・コッポラ監督の
「地獄の黙示録」だそうです

ほぉ
いや映画ね、いやでも映画ね、最近は見てないかな
でも一時期、20歳くらいんときかな
しょっちゅうビデオや行って、借りてましたね、レンタル
洋画ばっか見てたかな
なんかね、はまった時がありましたけどね

そういえばこないだなんか怪物くんの映画やってましたね
そ、まだね、あの~ボクの歯が残ってる頃だね、
下の奥の歯の出っ張ってるやつが
たまに見えましたね
あれはあれで好きだったんですけどね
もうすっかりね、ない、ふさがってる
取った穴もないね
滑舌よくなったかっていったらそれはまだこれからかな
フフフッ
まだわかんないね
でもスッキリはしましたけどね

結構前だね~、怪物くんの映画も
もう2011年、ボクの誕生日公開でしたからね
ええ、いやでもね、そう、って言う意味では怪物くん見ましたね
最近で言ったら
やっぱそれもなつかしかった

あれ、インドも行ったんだんすけどどこインドかわかりますかね
絶対わかんないシーンある、あるんです、わかりづらいっていう
あの~、火を、夜、火をおこして座って
でなんか芝居してるとこ、あれ、インドなんです
象に、象に乗ってるとこはわかるじゃない
あ、あとそうだね、山ん中にこう、
ボクがなんかおんぶされるとこ、あそこもインドだね
すごい階段のとこ
ま、ちょいちょい入ってるんですよ

え~、でも懐かしかったね、ああいうのやっぱ見ると
なんか若いですよ
映画では若い
フフフフッ
ま、映画はね、ホントに楽しかったです

まあね、これからもね、いろんな映画見ていきたいと思います

以上、大野智でした

(エンディング ハダシの未来♪)

| 智くんラジオ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。